MENU

プロスパス 通販薬局エージェンシー【アマゾンや楽天で買えるの?】

プロスパス 通販薬局エージェンシー【アマゾンや楽天で買えるの?】

プロスパス(Prospas)はプロバンサイン錠の後発品で、海外通販サイトから購入可能です。この記事では、プロスパスの購入方法や効果、副作用などについて紹介していきます。

目次

プロスパスはどこで買える?

プロスパスは海外製品の個人輸入を代行してくれるショップから購入できます。オオサカ堂・JISA・オランダ屋・ライフパートナー・アイドラッグストアーなどが有名です。

オオサカ堂で販売されている2本セットが最も安く購入でき、1錠あたり40円ほどになります。

プロスパスはAmazonや楽天、ドラッグストアで買える?

プロスパスはAmazonや楽天市場などでは販売が許可されていません。海外製品ですので、マツモトキヨシやウェルシアなど国内のドラッグストアでの販売も不可となっています。

現時点では、オオサカ堂やJISAなどの個人輸入代行サイトからのみ購入可能です。

美容クリニックなどが独自に輸入して販売することは可能ですが、私の調査した限りでは

プロスパスの特徴・効果効能

プロスパスは、抗コリン薬として知られる薬剤クラスに属しています。抗コリン薬は、筋肉収縮、唾液の生成、および消化管の活動など、様々な身体機能に関与する神経伝達物質であるアセチルコリンの作用を阻害することによって働きます。

平滑筋のリラックス作用

プロスパスの主要な特性の1つは、平滑筋をリラックスさせる能力です。平滑筋は、消化管、膀胱、気道など、体内のさまざまな器官や組織に存在します。アセチルコリンを阻害することで、プロスパスは筋肉の痙攣と収縮を減少させ、特に過敏性腸症候群(IBS)や過活動膀胱などの状態で特に有用です。

胃腸の緩和

プロスパスは、過敏性腸症候群(IBS)や胃潰瘍などの胃腸の疾患を抱える人々に頻繁に処方されます。筋肉のリラックス作用により、腹部の痙攣、下痢、およびこれらの状態に関連する他の不快な症状を軽減します。消化管の筋肉収縮を減少させることで、正常な腸の機能を回復させます。

膀胱の制御

過活動膀胱や尿失禁に苦しむ人々にとって、プロスパスは救済策を提供できます。膀胱のスムーズマッスルをリラックスさせることで、尿意と頻度を減少させます。これにより、尿失禁などの状態の治療に効果的です。

多汗症の軽減

プロスパスは、過度の発汗として知られる多汗症を管理するために処方されることがあります。汗腺の活動を抑制することで、発汗を減少させ、この問題に苦しむ人々の生活の質を向上させるのに役立ちます。

手術前用の薬物

一部の場合、プロスパスは手術前の薬物として使用され、呼吸器および消化管の唾液分泌と分泌を減少させます。これにより、より明瞭な手術場を作成し、手術中の合併症のリスクを減少させることができます。

潜在的な副作用プロスパスはさまざまな医学的な状態の治療に価値のある特性を持つ薬剤ですが、潜在的な副作用に注意することは重要です。これには口の渇き、視界のぼやけ、便秘、尿意の困難などが含まれます。安全かつ効果的な治療を確保するために、医療専門家の指導に従い、副作用が発生した場合は迅速に報告することが重要です。

プロスパスの副作用

プロスパスは、一般名プロパンテリンとしても知られ、様々な病状を治療するために一般的に処方される薬です。

特定の健康問題を管理するために効果的なことができますが、それはその使用に関連する潜在的な副作用を知っておくことが不可欠です。この記事では、プロスパスの副作用について、一般的なものから稀なものまでご紹介します。

一般的な副作用

口の渇き: 口の渇きは、プロ-バンチンの最も頻繁に報告された副作用の一つです。これは薬によって唾液の分泌が減少するために起こります。十分な水分補給を心がけ、砂糖不使用のキャンディーやガムを使用することで、この症状を緩和することができる。

目のかすみ: プロスパス服用中に視界がぼやけることがある。薬の影響が分かるまでは、運転など鮮明な視界を必要とする行動は避けることが重要である。

便秘: プロスパスは腸の動きを鈍らせ、便秘を引き起こす可能性がある。食物繊維を多く含む食事と定期的な運動が、この副作用の予防や緩和に役立つ可能性があります。

排尿困難: 場合によっては、プロスパスによって膀胱が十分に空になりにくくなることがあります。排尿が困難になったり、尿量が著しく減少した場合は、かかりつけの医師にご相談ください。

発生頻度が低いが深刻な副作用

一般的ではありませんが、プロバンサイン服用中に重篤な副作用を経験する人もいます。これには以下のようなものがある:

アレルギー反応: プロバンサインに対するアレルギー反応はまれですが、起こり得ます。発疹、かゆみ、腫れ、激しいめまい、呼吸困難などの症状が現れた場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

熱射病: プロバンサインは体温調節機能を低下させる可能性があります。このため、特に暑い気候では、熱射病のリスクが高まる可能性があります。この薬を服用している間は、水分補給を怠らず、過度の暑さへの暴露を避けてください。

精神的/気分的変化: 場合によっては、プロバンサインは錯乱、興奮、幻覚などの精神的/気分的変化を引き起こすことがあります。あなたやあなたの知人がこのような症状を経験した場合は、医療専門家に連絡してください。

心拍数の増加: プロバンサインは、個人によっては心拍数を上昇させることがあります。心拍が速くなったり、不規則になったりした場合は、速やかに医師に連絡してください。

目次