凡 例

 : 他件名・書誌表示・編者略
〈 〉 : 書誌部分編者
p1-3b : 後付部分に書誌があって、頁付がある場合
3pb : 後付部分に書誌があって、頁付がない場合
ks : 菊判
46s : 四六判
p7」 : 第7頁1頁のみのもの
89p : 全頁
prr : 各章末

第118回:外来件名編(2017年11月)

件名 書誌表示 著編者名 『書名 巻次』/「誌名 巻.号.通号」 発行所 発行
年月
掲載頁
アクティブラーニング 引用文献 小田隆治 『大学におけるアクティブ・ラーニングの現在 : 学生主体型*実践集』 ナカニシヤ出版 2016.11 prr
アニメーション 参考文献 志水義夫 『魔法少女まどか☆マギカ講義録 : メディア文藝への招待』 新典社 2017.09 p157-159
イスラム教 参考文献 ヒレンブランドC 『図説イスラーム百科』 原書房 2016.10 p365-369
イスラム圏 参考文献 小杉 泰 『イスラーム帝国のジハード』 講談社 2016.11 p373-366
イスラム法 参考文献 アジア法学会 『現代のイスラーム法』 成文堂 2016.11 prr
インターネット法 参照文献 庄司克宏 『インターネットの自由と不自由 : ルールの視点から読み解く』 法律文化社 2017.07 prr
オートマトン 参考文献 川添 愛 『精霊の箱 : チューリングマシンをめぐる冒険 下』 東京大出版会 2016.10 p296-298
カウンセリング 文献 小澤康司* 『緊急支援のアウトリーチ : 現場で求められる心理的支援の理論と*』 遠見書房 2017.01 prr
カウンセリング 引用文献 坂中正義 『傾聴の心理学 : PCAをまなぶ : カウンセリング、フォーカシング*』 創元社 2017.09 p189-194
カウンセリング 文献 福島脩美 『心理カウンセリング実践ガイドブック : 面接場面に大切*プロセス』 金子書房 2017.09 p255-258
ガス事業 参考文献 上田絵理 『ガスパイプラインの社会資本論』 エネルギーフォーラム 2016.11 p99-101
キャリアデザイン 参考文献 福島創太 『ゆとり世代はなぜ転職をくり返すのか? : キャリア思考と自己責任*』 筑摩書房 2017.08 p265-270
キャリアデザイン 引用文献 渡辺三枝子 『キャリアカウンセリング再考 : 実践に役立つQ&A 2版』 ナカニシヤ出版 2017.08 p219-222
グローバリゼーション 文献 広島市立大 『「際」からの探究 : つながりへの途』 文眞堂 2017.03 prr
ケースワーク 引用文献 稲沢公一 『援助関係論入門 : 「人と人との」関係性』 有斐閣 2017.06 p197-199
ゲーム理論 文献注 ルービンシュタインA 『ルービンシュタインゲーム理論の力』 東洋経済新報社 2016.09 p3-6b
コーポレートガバナンス 参考文献 宍戸善一* 『コーポレート・ガバナンス改革の提言 : 企業価値向上・経済*』 商事法務 2016.12 p523-546
コミュニケーション 引用文献 太幡直也 『懸念的被透視感が生じている状況における対人コミュニケーション*』 福村出版 2017.02 p171-179
コミュニケーション 文献 中島信夫 『発話の解釈はなぜ多様なのか : コミュニケーション能力の働き*』 朝倉書店 2017.03 prr
コミュニティ 参考文献 伊藤 守* 『コミュニティ事典』 春風社 2017.06 prr
ステンドグラス 参考文献 金田美世 『日本のステンドグラス黎明期 : 木内家資料によるデザインと*』 中央公論美術出版 2017.07 p125-126
スポーツ産業 参考文献 畑 攻* 『基本・スポーツマネジメント』 大修館書店 2017.11 p121-125
スマートグリッド 参考文献 依田高典* 『スマートグリッド・エコノミクス : フィールド実験・行動経済学*』 有斐閣 2017.05 prr
ゾンビ 参考文献 岡本 健 『ゾンビ学』 人文書院 2017.04 p311-328
デザイン 文献一覧 大泉義一 『子どものデザイン : その原理と実践 : 日本における子どもの*』 日本文教出版 2017.01 p515-532
デフレ―ション 参考文献 渡辺 努 『慢性デフレ : 真因の解明』 日本経済新聞出版社 2016.09 prr
テロリズム 参考文献 安部川元伸 『国際テロリズム : その戦術と実態から抑止まで』 原書房 2017.03 p274-283
トラウマ 文献 シュニーダーU* 『トラウマ関連疾患心理療法ガイドブック : 事例で見る多様性と*』 誠信書房 2017.09 p337-382
トリュフ 参考文献 ノワクZ 『トリュフの歴史』 原書房 2017.10 p167-166
ナショナリズム 参考文献 小野寺史郎 『中国ナショナリズム : 民族と愛国の近現代史』 中央公論新社 2017.06 p246-251
PANA通信社 参考文献 岩間優希 『PANA通信社と戦後日本:汎アジア・メディアを創った*』 人文書院 2017.09 p305-319
ハンセン病 参考文献 山陽新聞社 『語り継ぐハンセン病 : 瀬戸内3園から』 山陽新聞社 2017.03 p235-237
ビッグデータ 参考文献 ボーグマンCL 『ビッグデータ・リトルデータ・ノーデータ : 研究データと*』 勁草書房 2017.09 p347-407
ファシズム 参考文献 倉科岳志 『イタリア・ファシズムを生きた思想家たち : クローチェと*』 岩波書店 2017.02 p1-10b
ファッション雑誌 参考文献* 横井由利 『モード誌クロノロジー : 世界と日本を読み解く』 北樹出版 2017.10 p144-148
ファッション産業 参考文献 馬場正実 『ファッションビジネス戦略的ブランドマネジメント』 晃洋書房 2017.04 p173-179
『ブリハットカター』 研究書* 土田龍太郎 『大説話ブリハットカター』 中央公論新社 2017.02 p321-324
ホスピス 参考文献 横川善正 『ホスピスからの贈り物:イタリア発、アートとケアの物語』 筑摩書房 2016.09 p315-318
ポピュリズム 参考文献 中谷義和* 『ポピュリズムのグローバル化を問う : 揺らぐ民主主義のゆくえ』 法律文化社 2017.03 prr
マーケティング 参考文献 酒井嘉昭 『ジオマーケティング戦略 : ポスト「マス」時代の消費者分析』 幻冬舎MC 2016.12 p175-177
マーケティング 参考文献 堀越比呂志* 『マーケティング理論の焦点 : 企業・消費者・交換』 中央経済社 2017.01 prr
マーケティング 参考文献 岩嵜博論 『機会発見 : 生活者起点で市場をつくる』 英治出版 2016.09 p254-249
マインドフルネス 参考文献 Smalley,SL* 『マインドフルネスのすべて : 「今この瞬間」への気づき』 丸善出版 2016.12 p227-242
マクロ経済学 参考文献 岡田義昭 『マクロ経済分析の地平』 成文堂 2017.01 p285-295
マクロ経済学 参考文献 二神孝一* 『マクロ経済学 2版』 有斐閣 2017.04 prr
マスメディア 引用文献 李 光鎬* 『メディア・オーディエンスの社会心理学』 新曜社 2017.04 prr
メディア教育 参考文献 村田育也 『子どもと情報メディア 改訂版』 現代図書 2017.06 p197-201
メディアリテラシー 文献 バーンA 『参加型文化の時代におけるメディア・リテラシー : 言葉・映像*』 くろしお出版 2017.10 p243-252
メロン 参考文献 ラブグレンS 『メロンとスイカの歴史』 原書房 2017.06 p165-163
ユダヤ人 参考文献 菅野賢司 『フランス・ユダヤの歴史 下』 慶應義塾大出版会 2016.08 p333-325
ユダヤ人 参考文献 松浦 寛 『日本人の「ユダヤ人観」変遷史』 論創社 2016.12 p308-321
ルネサンス哲学 文献目録 根占献一 『イタリアルネサンスとアジア日本 : ヒューマニズム*プラトン*』 知泉書館 2017.02 p12-29b
ロマ 参照文献 左地亮子 『現代フランスを生きるジプシー : 旅に住まうマヌーシュと共同性*』 世界思想社 2017.02 p285-274

  • TOP

新作書誌情報提供のお願い

本欄へ掲載しますので、新作書誌の始頁・終頁・奥付などの情報を中西裕メールアドレスまでお送りください。よろしくお願いいたします。

  • TOP

「最近の書誌図書関係文献」再開にあたって

 『日本古書通信』誌で長期にわたって連載され、昨年7月をもって終了した「最近の書誌図書関係文献」が日外アソシエーツ社のご厚意でここに復活することとなった。

 歴史をたどってみると、書誌学者天野敬太郎が昭和15年に連載を始め、戦争が激しくなったために昭和19年に中断、10年のブランクを経て戦後昭和29年に再開されている。天野は昭和42年に手を引き、深井人詩氏にバトンタッチされた。その後渡辺美好が共編者となった時期を経て、最後に中西が引き継ぐこととなった。中断期間はあるものの、想像を絶するほど長い時代にわたって、この連載は書誌の世界を眺めてきたことになる。

 再開される本連載では『日本古書通信』誌での形式を基本的にすべて踏襲することとした。したがって、ここで紹介していくのは新しく編まれた書誌・目録である。1冊全体が書誌であるものはもちろん、研究書に収められた参考文献なども対象とする。あるいは著作家の伝記に付けられた年譜も著作物が記されていれば採録することとする。もうひとつの柱である「図書関係文献」は年に1回程度とりあげることとなろう。唯一異なるのは書名等の長さに制限を加える必要がなくなったことぐらいである。

 Webの世界に親しんでいない方にご覧いただけないのは残念である。携帯電話を持たず、電子辞書も敬遠している、本質的に活字人間である編者としては、できることなら印刷媒体での再開を企図していたのが正直なところだが、時代は想像以上に進んでいる。昨秋、新語事典が1種を残して刊行休止と伝えられたのは象徴的な事態であった。Web上での新語検索が主流となったことによるという。暮になると店頭に山のように詰まれていた新語辞典を見ることがもうなくなるのかと思うと、まことに寂しい。>

 ともあれ、こうして再開されることは編者にとってもまことにありがたいことである。1年間の「書誌の書誌」を集積した『書誌年鑑』を発行する出版社のホームページ上で連載できることはあらゆる意味で願ってもないことである。ぜひご活用いただき、あわせて漏れているもののご指摘などを伺えるとすれば、Webでの公開の意義も高まることであろう。

2008年2月15日 中西 裕

  • TOP

中西 裕 <ナカニシ・ユタカ>

昭和25年6月28日生。東京都出身。早稲田大学第一文学部日本史専修卒。早稲田大学図書館に勤務。平成13年3月退職。同年4月、昭和女子大学短期大学部助教授、平成27年3月、昭和女子大学人間社会学部教授を最後に退職。現在、国士舘大学、昭和女子大学、早稲田大学非常勤講師。

図書館情報学の中でもレファレンス・サービスの基礎となる「書誌の書誌」の作成および図書館史を中心に研究。

編著書に『書誌年鑑』、『日本雑誌総目次要覧』、『ホームズ翻訳への道:延原謙評伝 』、論文等に「天野敬太郎の書誌観」、「天岩屋神話と謡曲「絵馬」」、「音楽を聴く津田左右吉」など。

2015年4月現在

  • TOP